あらすじ・解説 『ヴェノム』愛すべきダークヒーロー

制作年    2018年
制作国アメリカ
監督ルーベン・フライシャー
主な出演者トム・ハーディ
ミシェル・ウィリアムズ
リズ・アーメッド
上映時間112分
総合評価8/10

あらすじ

敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。

この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。

エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく――。
映画『ヴェノム』 | オフィシャルサイト| ソニー・ピクチャーズ | ブルーレイ&DVD&UHD&3D発売 (sonypictures.jp)

監督・キャスト

ルーベン・フライシャー(監督)

本作の監督を務めるのはルーベン・フライシャー

代表作にはウッディ・ハレルソン主演の『ゾンビランド』シリーズ。ジェシー・アイゼンバーグ主演の『ピザボーイ 史上最凶のご注文』がある。

トム・ハーディ

『インセプション』で注目され、『ダークナイト ライジング』のヴィランであるベイン役や『マッドマックス 怒りのデスロード』の出演で日本での知名度を上げました。

本作では徹底的な取材と正義にこだわり、権力にもたてつく敏腕記者エディ・ブロックを演じてます。

ライフ財団の悪事に迫ろうと、権力者のドレイクの逆鱗の触れて職と恋人を失いますが、その凋落ぶりを表す演技が見事でした。自らに寄生したヴェノムと掛け合いもコミカルです。

映画『ヴェノム』予告 – YouTube

ミシェル・ウィリアムズ

エディの婚約者の弁護士アニーを演じています。

弁護士としてライフ財団を調査してましたが、その機密情報をエディが盗み見した挙句、取材に使用した事が原因で事務所をクビになります。

エディと破局後は新恋人のダンと共にヴェノムに寄生された彼を支えます。

『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー助演女優賞、『ブルーバレンタイン』で主演女優賞を受賞しております。

映画『ヴェノム』予告 – YouTube

リズ・アーメッド

先進医療から宇宙開発までを手掛けるライフ財団の創始者ドレイクを演じています。

慈善活動を行う若き実業家として知られていますが、その実態は宇宙で入手した生命体シンビオートの人体融合を巡り、ホームレスに人体実験行うサイコでした。

ジェイク・ギレンホール主演の『ナイトクローラー』ではジェイク演じるルイスに利用される若者リックを演じ話題になりました。

映画『ヴェノム』予告 – YouTube

>次ページからネタバレを含みます

コメント

タイトルとURLをコピーしました