あらすじ『レッドブロンクス』 ジャッキーの名を全米に轟かせた名作

制昨年1995年
制作国香港
監督スタンリー・トン
主な出演者  ジャッキー・チェン
アニタ・ムイ
フランソワーズ・イップ   
トン・ピョウ
上映時間105分
総合評価8/10

作品概要

米・香港合作の『バトルクリーク・ブロー』(1980)や『プロテクター』(1985)の失敗で米国進出に失敗していたジャッキーであったが、本作をきっかけに彼は米国での知名度を上げていくことになる。

アジア映画で初めて全米興行収入初登場1位を獲得した本作は全米で大ウケし、ジャッキー・チェンを世界基準に押し上げた。

生身で挑むスタントなしの演技は、あのシルヴェスター・スタローンからも「彼しか出来ない途方もないアクションは映画を超えている」と称賛された。(日本版劇場予告編より)

あらすじ

香港刑事のクーン(ジャッキー・チェン)は叔父のビル(トン・ピョウ)の結婚式に出席するためニューヨークを訪れていました。

ビルは結婚を機に自身がオーナーを務めるスーパーマーケットを売りに出しており、エレイン(アニタ・ムイ)という買い手候補の女性に店を案内していました。

店を気に入ったエレインは店の権利を購入し晴れてオーナーになりました。

意気揚々と店をリニューアルオープンさせたある日、この界隈を牛耳る不良グループが大勢で店を訪れ、平然と商品を盗んでいきました。

エレインは不良を注意し、代金を支払うよう諭しますが不良は逆上。事態は収拾がつかなくなってしまいます。

そこに店の引き継ぎで叔父を手伝っていたクーンが居合わせており、カンフーで不良たちを撃退します。

この事で目をつけられたクーンは、店を巻き込みながら彼らと衝突を繰り返します。

エスカレートする彼らの嫌がらせに限界を感じたクーンは単身で不良のアジトに乗り込み、手下たちを倒してリーダーのトニーと1対1の勝負を行います。

勝負に負けたトニーは潔く負けを認め、二度と店やクーン達に関わらない事を誓います。

そんな折、不良メンバーのアンジェロがマフィアのダイアモンドを盗み姿を消したことで、不良たちは組織に追われ、命を狙われる事となります。

マフィアの魔の手はクーンの身内にも及ぶこととなります。

刑事魂に火が付いたクーンは、マフィアを壊滅させるべく、トニーたちと結託し巨大組織に挑むのでした。

登場人物

クーン(ジャッキー・チェン)

Hung fan kui (1995) (imdb.com)

叔父の結婚式出席のためニューヨークを訪れた際に事件に巻き込まれる。

スーパーマーケットを荒らす不良グループを成敗して以降、彼らに目を付けられるようになる。

ナンシー(フランソワーズ・イップ)

Hung fan kui (1995) (imdb.com)

不良グループに所属する21歳の女性。リーダーのトニーと親密であったが、クーンが体の不自由な弟ダニーの面倒を見てくれていた事を知り感謝する。彼の優しさに触れ、グループを抜けたいと思うようになり、弟との時間を大切にするようになる。

エレイン(アニタ・ムイ)

スーパーマーケットを買い取り、オーナになるが不良に店を荒らされまくる。その度に心を強く持ち、店を復旧するが最終的にマフィアに店を完膚なきまで破壊され発狂する。

尚、エレインを演じるアニタ・ムイは香港の大スターであり、2003年に40歳の若さで逝去した後はブルース・リー像の横に銅像が建てられた。

一時期はあの近藤真彦とも交際していたらしい。

ジャッキ作品では『奇蹟/ミラクル』や『酔拳2」に出演している。

不良グループ

Hung fan kui (1995) (imdb.com)

トニー(左)

不良グループのリーダー。クーンとの一騎打ちに敗れた際は潔く彼らから撤退した。終盤でクーンと和解し、共にマフィアのボスであるホワイトタイガーを追い込む。

アンジェロ(右)

序盤でクーンに鼻を折られた。トラブルメーカーであり、あまり空気が読めない。

こいつがダイアモンドを盗んだせいでマフィアに追われる事となった。

見どころ

空き瓶ノック

スーパーマーケットで鉄拳制裁を受けた事でクーンに目を付けた不良グループは、彼を罠にはめて路地裏に追い詰めます。

逃げ場なく壁際に佇むクーンに対し、彼らは無数の空き瓶を打ち込みます。これにはクーンも為す術なく血まみれになり気を失ってしまいます。

ゴールデン洋画劇場でこのシーンを見てドン引きした記憶があります。

ちなみにこちらは本物のガラス瓶が使われているとか…

ビルからビルへの大ジャンプ

不良グループに追い詰められたクーンはビルからビルに飛び移る事で逃亡に成功します。

こちらは作品屈指のスタントシーンとして有名です。

Rumble in the Bronx (1995) Original Trailer [FHD] – YouTube

このスタントに際し、高所恐怖症のジャッキーが躊躇していると、スタントマン出身の監督スタンリー・トンが実演して見せたという伝説があります。

この挑発に触発されたジャッキーは一発本番でこのシーンをクリアしています。

不良アジトへの殴り込み

度重なるエレインの店への仕打ちに怒り心頭のクーンは単身で不良のアジトに殴り込みをかけます。

「お前らはゴミだ!」と不良たちに言い放ち、大乱闘を繰り広げます。

家具や小物を駆使した定番のアクションを遺憾なく発揮しているこのシーンは個人的にお気に入りのひとつです。

満身創痍のスタント

逃亡するマフィアのホバークラフトに引きずられ、スニーカーのまま水上スキーを行うシーンがありますが、実はジャッキーは直前のシーンで右足首を骨折しています。

Rumble in the Bronx (1995) Original Trailer [FHD] – YouTube

それでも撮影を中断することなく、ギプスにスニーカーの絵を描き撮影を続行しています。

又、陸に乗り出し暴走するホバークラフトの下敷きになってみたりと、本作ではその超人ぶりを遺憾なく発揮していますね。

コメント

  1. […] あらすじ『レッドブロンクス』 ジャッキーの名を全米に轟かせた名作…y… […]

  2. […] あらすじ『レッドブロンクス』 ジャッキーの名を全米に轟かせた名作…y… […]

  3. […] あらすじ『レッドブロンクス』 ジャッキーの名を全米に轟かせた名作…y… […]

タイトルとURLをコピーしました