あらすじ・感想『ジェニファーズ・ボディ』小悪魔女子高生が悪魔になっちゃた

制昨年2009年
制作国アメリカ
監督カリン・クサマ
主な出演者 ミーガン・フォックス
アマンダ・セイフライド
J・Kシモンズ
上映時間102分
総合評価5/10

1.作品概要

シャーリズ・セロン主演の『イーオン・フラックス』(2006)やニコール・キッドマン主演の『ストレイ・ドッグ』(2018)で知られるカリン・クサマ監督のホラー映画。

悪魔に憑りつかれた女子高生ジェニファー(ミーガン・フォックス)が巻き起こす恐怖を描く。

2.キャスト

ジェニファー(ミーガン・フォックス)

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

学校一の美女であり、男子人気の高い小悪魔的な女子高生。自信家でアグレッシブな性格である。

バーで起きた火災を契機に悪魔に憑依される。


ニーディ(アマンダ・サイフリッド)

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

ジェニファーの親友であるが、彼女とは対照的で内気で生真面目な性格である。

チップというボーイフレンドがいる。

3.あらすじ ※ネタバレあり

① 町唯一のバーが火事に

ミネソタ州の田舎町デビルズ・ケトルの高校に通う学校一の美女ジェニファーと内気なニーディは幼馴染の親友同士。

二人はある日、インディーズバンド”Low Shoulder”のライブを見るため、町にひとつしかないバーに繰り出しました。セクシーな衣装を着てバンドマンを誘惑しようとするジェニファーを他所に退屈そうなニーディでしたが、突如バーは大火事に見舞われます。

なんとか店外に逃げ出したふたりの元に”Low Shoulder”のボーカルのニコライ(アダム・ブロディ)が近づき、ショック状態のジェニファーを慰める振りをして、彼女を連れ去ろうとします。

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

必死に止めに入るニーディですが、乗り気なジェニファーは親友の忠告も聞かず、バンドのワゴン車に乗り込み、連れ去られてしまうのでした。


ニーディは火事で学校関係者を含む大勢が亡くなったショックと連れ去られた親友を心配する気持ちでナーバスになり自宅で震えていました。

そこに突如、血まみれのジェニファーが現れます。

驚くニーディでしたが、ジェニファーは冷蔵庫内の食べ物を貪り、真っ黒なヘドロのような物体を吐き出します。そしてニーディを襲う素振りを見せ、何もせずそのまま姿を消しました。

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

翌日、火事の事で悲しみに暮れる高校にジェニファーは平然と登校していました。

そしてその日を境に町では謎の怪死事件が頻発するようになるのでした。

② 悪魔になったジェニファー

最初の犠牲者はアメフト部の男子生徒でした。グラウンドの裏の森で見つかった彼の死体は腹を食いちぎらたような無惨な姿でした。

多くの犠牲者を出した火事に続く生徒の怪死事件により小さな田舎町デビルズ・ケトルは全国的に注目されるようになります。

そして例のバンド”Low Shoulder”は「火事から多くの被害者を救った英雄」と報道されていました。この事で彼らの知名度と人気は向上し瞬く間にメジャーバンドとなります。

学校内でも”Low Shoulder”は高い人気を誇りましたが、バーでの事実を知るニーディはこのバンドがもてはやされる事に不満を抱いていました。


事件から数か月経ち、学校では徐々に日常が戻りつつありました。しかし、ジェニファーの様子が明らかにおかしいのです。肌や髪にツヤが失われゲッソリとやつれています。

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

「普通の女の子みたい」と自分の容姿に不満げなジェニファーの元にコリン(カイル・ガルナー)というロックオタクの生徒がやって来て彼女をデートに誘います。乗り気でなかったジェニファーでしたが、「夜になったらここに来て」とコリンに家の住所を教えます。

その夜、テンションMAXのコリンは指定された場所へ向かいますが、そこには不気味な空き家がありました。

ジェニファーは気味悪そうにするコリンを見つけると、彼を誘惑します。そして口づけをしたと思うとそのまま彼を喰い殺してしまいました。


その頃ニーディはチップと自宅でイチャイチャついていました。しかし、火事の日に見たジェニファーの恐ろしい姿が突如フラッシュバックし気分が悪くなり、自宅に戻ることにします。

帰り道、ニーディは血まみれで道に佇むジェニファーを目撃します。

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

悲鳴を上げながらニーディは車を飛ばし家に帰りますが、そこにはジェニファーが待ち構えていました。彼女の髪や肌にはかつての美しさが戻っていました。

怖がるニーディにジェニファーは自分に起こっている事を説明します。

  • 彼女はあの日、バンドマンにレイプされた訳ではない
  • 売れるために「悪魔と契約をする必要がある」と信じるバンドメンバーにより悪魔の儀式の生贄となった
  • 儀式により腹をナイフでめった刺しにされたが、なぜか死ななかった
  • 人を喰らう事で生命力と美しさを保つようになった

彼女はその日以来、超人的な力を手に入れ、怪我を負っても直ぐに傷が治癒する身体になっていました。分かりやすく言うと鉄仮面で人間を辞めた後のディオのような状態になったのです。

恐ろしい事実を知ったニーディは彼女を家の外に追い出します。そして悪魔について独自に調べ始めました。

③ ニーディの彼氏が犠牲に

書物によると、悪魔を召喚する条件には”処女”を生贄に捧げる必要がありました。しかし、ジェニファーは処女ではありませんでした。この事が原因でジェニファーには悪魔が憑依し人を襲うようになったというのです。

ニーディはその事を彼氏のチップに話しますが、彼女の話を全く信じようとしませんでした。


そして高校は年に一度のダンスパーティの日を迎えます。ニーディと踊るためオシャレをしたチップも会場に向かいますが、道中でジェニファーに出会います。

胸騒ぎを感じたニーディは彼を探しますが、既にチップはジェニファーに襲われていました。

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

何とか彼を救おうとするニーディですが、噛みつかれた怪我が原因でチップは力尽きます。

最愛のボーイフレンドを殺されたニーディは、悪魔となった親友を殺すため復讐を誓うのでした。

④ 悪魔となった親友との直接対決

ニーディはジェニファーの寝込みを襲います。

寝室で繰り広げられる死闘。カッターナイフで立ち向かうニーディ。宙に浮くジェニファー!いよいよ訳が分からなくなってきました。

そしてニーディは渾身の力でジェニファーの心臓にカッターナイフを突き刺します。これが致命傷となり悪魔と共にジェニファーは絶命します。

Jennifer’s Body (2009) (imdb.com)

この件でニーディは殺人罪で刑務所に入れられてしまいます。

刑務所に入ったニーディは反抗的な態度で看守に蹴りを入れる等、別人のようになっていました。

懲罰房に入れられた彼女は突如、浮遊し刑務所から脱獄します。ジェニファーとの死闘の際に噛まれていたニーディには悪魔の力が宿っていたのです。

脱獄した彼女が向かった先はツアーを行う”Low Shoulder”の元でした。

彼女はバンドメンバーを皆殺しにし親友を悪魔にした彼らに復讐を果たしたのでした。

4.感想

ゾンビものかと思って鑑賞しましたが、まさかの悪魔ものでした。儀式の失敗により悪魔に憑依された女子高生。小悪魔美女が悪魔になっちゃった!というやれやれだぜな設定です。

ジェニファーが人を喰う描写は悪くなかったですが、ラストのジェニファーvsニーディの闘いが微妙でした。

超人的な身体能力や傷の自然治癒といった悪魔の能力で圧倒するような描写が欲しかったですし、ニーディを追い詰めるけど「親友は殺せない。グスン…」と人間時代の自我が勝るみたいな感動描写があっても良かったと思います。カッターナイフで一刺しという展開はなんだかあっけないような…

ホラー要素もコメディ要素もアクション要素も中途半端で正直…な作品でした。

ミーガン・フォックスのファンの方は彼女の美貌を楽しむ意味でも一見の価値はあると思います。

まぁ私は断然アマンダ派ですけどね!彼女のイケてない地味な女子設定には無理があります。

刑務所から脱走し、”Low Shoulder”を皆殺しにした彼女が悪魔の力を持つダークヒーローとなる展開を期待しましたが、続編はなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました