ジャッキー・チェン オススメ映画6選 ~香港時代編~

「あなたのヒーローは誰ですか?」

小学校の頃、先生がクラスのみんなにそんな質問をしていました。

「ウルトラマン!」「仮面ライダー!」「お父さん!」

クラスメイトが思い思いのヒーローを発表する中、僕はジャッキー・チェンと答えました。

当時小学生の僕にとってジャッキー・チェンは紛れもないヒーローでした。

今回はそんなジャッキー作品の中でも香港時代の作品に焦点を当て、「これ観とけば間違いないぜ!」というものをピックアップしました。

『奇蹟/ミラクル』

製作年:1989年
上映時間:118分
ジャッキー映画での個人的評価:8/10

舞台は1930年代の香港。田舎から職探しのために都会を訪れたコウ(ジャッキー)。最初は詐欺にあったりと散々な目に遭いますが、貧しい老婆から一輪の花を買ってから状況が一変。

ひょんなことからマフィアのボスになったりと、徐々に都会で成功を手にしていくサクセスストーリーです。

フランク・キャプラの『一日だけの淑女』(1933)をモチーフにしており、ジャッキー自身もお気に入りの作品。

アクションも見事ですが、豪華なセットで表現した1930年代の香港の景色にも注目です。

Kiseki (1989) (imdb.com)

『少林寺木人拳』

製作年:1977年
上映時間:100分
ジャッキー映画での個人的評価:5/10

ジャッキーがスターになる前の作品。香港国内では興行的に失敗していますが、ジャッキーファンの間ではカルト的な人気を誇る作品です。

幼い頃に父を失い、口が訊けなくなったイーロン(ジャッキー)。父の仇のため少林寺に入門しますが、全く上達がみられず皆に愚弄される始末。そんなイーロンがある老人に出会い殺人拳を習得し父の仇を打つというストーリー。

少林寺卒業の際の試練「迫りくる木人との闘い」は名場面です。

ラストの決着シーンは中川家のパロディでも有名。

「ジャッキーの顔が今と違う…」のは気にしてはダメ!

Shao Lin mu ren xiang (1976) (imdb.com)

『ファーストミッション』

製作年:1985年
上映時間:98分
ジャッキー映画での個人的評価:9/10

動けるデブ世界選抜のサモ・ハン・キンポー監督作品。

幼くして両親をなくした兄弟を巡る物語。ジャッキーが歌うOP曲の「CHINA BLUE」、ED曲の「TOKYO SATURDAY NIGHT」のクオリティーに度肝を抜かれます。

シャンヤン(ジャッキー)は、知的障害のある兄シャンタク(サモ・ハン)の面倒を見て暮らす警察官。ある日、ギャングの真似事をして遊ぶシャンタクは勘違いが発端で組織に誘拐されてしまいます。

兄を救うべくシャンヤンは組織のアジトに乗り込むが…

本作はヒューマンドラマの要素もかなり強く、シャンヤンが自分の人生と兄の世話を秤にかけて葛藤する場面は涙を誘います。個人的にジャッキー映画の中でもかなりお気に入りの作品です。

Long de xin (1985) (imdb.com)

『スパルタンX』

製作年:1984年
上映時間:108分
ジャッキー映画での個人的評価:9/10

バルセロナを舞台にジャッキー、ユン・ピョウ、サモ・ハンの三銃士が謎の集団に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく組織に挑むアクション大作。

三菱デリカを改造したスパルタン号でのド派手なカーチェイスに度肝を抜かれる。

また、プロ格闘家であるベニー・ユキーデとの死闘はジャッキー自身も”ベストファイト”と形容する等、ジャッキー映画史上でも有名な格闘シーンとして名高い。

超絶美女のシルヴィア役を演じたローラ・フォルネルにも注目の作品だ。

Spartan X (1984) (imdb.com)

『酔拳2』

製作年:1994年
上映時間:101分
ジャッキー映画での個人的評価:10/10

酒量に比例し強さが増す「酔拳」を描いた作品。1978年の『ドランクモンキー 酔拳』の続編という位置づけですがストーリーの繋がりはないため単独鑑賞でも問題ありません。

清朝末期の広東が舞台。主人公のフェイフォン(ジャッキー)がイギリス領事館の一味による中国国宝の略奪に巻き込まれ、悪事を阻止するために立ち向かうというストーリー。

アクションのレベルが高く、ジャッキーお馴染みの長いす等を使った戦闘シーンが存分に楽しめる一作。

鉄工所でのジョンとの最終決戦はジャッキー映画屈指のベストバウトです。

Jui kuen II (1994) (imdb.com)

『プロジェクトA』

製作年:1984年
上映時間:105分
ジャッキー映画での個人的評価:10/10

ジャッキー、サモ・ハン、ユン・ピョウのBIG3が共演している作品。

水上警察隊員のドラゴン(ジャッキー)が普段は反目しあっている陸上警察と協力し海賊を討伐するというストーリー。

アクションとコメディのバランス、レベルが非常に高く、ジャッキー映画の真骨頂のような作品。個人的には自転車のチェイスシーンがオススメです。

主題歌の『東方的威風』(プロジェクトAのテーマ)も有名。

ジャッキーが大けがを負った時計台からの落下シーンはジャッキー映画史に残る屈指のスタントとなっております。

A gai waak (1983) (imdb.com)

今回は5作品に絞っての紹介のため苦慮の末、大好きな『ポリスストーリー』シリーズは除外としました。

この時代のジャッキーはとにかく身体を張りまくってて、信じられないスタントを連発しています。

とりあえずは香港時代のジャッキー映画はこの辺りを抑えくべきですね!

是非、ジャッキーアクションをご堪能ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました