あらすじ・考察『プーと大人になった僕』 社畜への心の処方箋

制昨年      2018年         
制作国アメリカ
監督マーク・フォスター
主な出演者ユアン・マクレガー
ヘイリー・アトウェル
上映時間104分
総合評価6/10

監督・キャスト

監督マーク・フォスター 

ドイツ出身の監督。

代表作にハル・ベリーが黒人として初のアカデミー主演女優賞を獲得した『チョコレート』(2001)。

『007 慰めの報酬』(2008)、ブラット・ピット出演の『ワールド・ウォーZ』(2013)等がある。

ユアン・マクレガー

Christopher Robin Official Trailer – YouTube

出世作となった『トレインスポッティング』(1996)への出演をきっかけに数多くの作品に出演する実力派俳優。

『スターウォーズ』シリーズのオビ=ワン・ケノービ役でも有名。

本作では大人になり「大切なもの」を失ったクリストファー・ロビンを演じている。

ヘイリー・アトウェル

Christopher Robin Official Trailer – YouTube

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)でペギー・カーター役を演じたのを皮切りに『アベンジャーズ』シリーズや『アントマン』(2015)といったマーベル作品に出演。

また、2021年7月、2022年8月に公開を控える『ミッションインポッシブル7』『ミッションインポッシブル8』に出演する事を監督を務めるクリストファー・マッカーリーがインスタグラムでほのめかしている。

本作ではクリストファー・ロビンの妻イヴリンを演じています。

>次ページからの【あらすじ】はネタバレを含みます

コメント

タイトルとURLをコピーしました